新着情報

抗がん剤治療の目的とガンへの対抗策

がん細胞への対抗策・薬物療法とは

ガンへの対抗策として外科的手術以外では抗がん剤を用いた薬物療法があります。この薬物療法では体の至る所に転移してしまう可能性のあるがん細胞を死滅させることができ、またがん細胞自体の成長や増殖を防ぐことが可能です。抗がん剤を用いた薬物療法単体で治療を行なうこともありますが、それ以外でも放射線治療と併用して行なうことで効果を上げたりすることも出来ます。また薬物療法として使う抗がん剤はいくつもの種類に分かれており、それらを複数使用することで様々ながん細胞に効果を発揮します。より抗がん剤を細かく分けるとがん細胞を死滅させる効果がある治療を化学療法、がん細胞特有の遺伝子を標的にして治療を行なう場合は分子標的薬というような分類になっています。

抗がん剤治療の流れと種類の紹介

抗がん剤治療は様々な方法で行われます。一般的にはカプセルになった錠剤を使用した飲み薬での投薬と、静脈に直接抗がん剤を流し込む点滴を使った方法があります。静脈に直接抗がん剤を流し込む方法では、腕にある細い静脈を使う場合と中心静脈のような太い血管を使用する場合があります。中心静脈を使用する場合にはポートと呼ばれる医療装置を皮膚に埋め込み、必要に応じて抗がん剤を投薬するという方法が行われています。本来であれば血管や飲み薬として使用される抗がん剤ですが、がん細胞の位置によっては腹腔内や脳脊髄液の中に使用することもあり、がん細胞の位置に近ければ近いほど効果が期待されています。

抗がん剤治療の期間と仕組み

抗がん剤は毎日患者に使用される訳ではありません。常時投薬するほうが効果的ではありますが、薬の強さや患者への負担を考慮すると期間を空けたり、日を跨いだりしなければならないのです。一般的にこうした日の跨ぎや期間を空けることを1コースや1クールといった呼んでおり、治療を効率よく行なうために使用されています。抗がん剤はどうしても副作用として吐き気や胃がムカムカしたりするのですが、こうした副作用の緩和を実施するためにも間隔を空けることは必要です。最近では医学の進歩によって抗がん剤の薬も副作用を抑えたものが多く開発されているため、1クールに空ける日にちも短く済むようになっています。

副作用が強いとされている抗がん剤治療の実情

抗がん剤治療は一般的に副作用が強く、患者への負担が大きいと思われていることが多いです。吐き気や痩せ細ってしまうという固定概念がありますが、これらの副作用は投薬の初期の段階で治まることが多いとされています。薬剤が体に馴染むまでの間に吐き気などの副作用が起きてしまうので乗り切ってしまえば落ち着いて治療することも可能です。また、副作用を抑えた抗がん剤もあるのでこうした治療薬を使用すればもっと楽になります。使用する抗がん剤の説明は医師がしっかりとしますので仮に副作用に不安があるならば前もって担当医やスタッフに相談することで副作用の負担を軽減をすることが出来るでしょう。

【PR】
すい臓がんに最適な治療法。
抗がん剤はNK細胞療法との併用で効果が高まる!【PR】
苦しい脳動脈瘤を解決。
業界トップレベルの医師が対応する。【PR】
リウマチの治療なら都筑区の内科へ
病気の不安を取り除くクリニックに行こう。
広告募集中